美cuolからのお知らせ

TOP > 美cuolスタッフブログ > 色素沈着しやすい食べ物~

Day.2017-02-18

色素沈着しやすい食べ物~

こんにちわ勝です!今日は色素沈着しやすいものを紹介しますね!
あたしも最近しって意外なものが含まれていてびっくりしました><

カレーライス
これは見た目通りですね

ブルーベリー
歯の黄ばみの原因物質のポリフェノールが豊富です。

赤ワイン
ポリフェノールが豊富

白ワイン
白ワインは赤ワイン以上に酸性度が高く、その数値はpH4.0。
歯の表面のエナメル質を溶かす基準とされているpH5.5を下回ります。

チョコレート

ブログ画像ポリフェノールが豊富

コーヒー
コーヒーの黒い色は、クロロゲン酸という色素に由来するものです。
色が残りやすい性質を持っているので歯に汚れがつく可能性大。

紅茶
タンニンという色素が豊富に含まれています。
唾液にはカルシウムや金属イオンなどが含まれているのですが、
これらと結びつくことでタンニンはステインへと変わってしまうそうです。

緑茶
主成分のカテキンは色素沈着の原因物質でもあります。

緑黄色野菜
色の濃いものが多い上にポリフェノールも豊富なので歯の黄ばみの原因となる可能性があります。

ニンニク
硫黄が含まれており、これが歯の黄ばみの元にもなるそうです。

ネギ
硫黄が多く含まれています。

ナッツ類
実は色素が盛りだくさん。

スポーツドリンク
白ワインと同様に酸性度が高い(pH3.5)ため、
歯の表面のエナメル質を溶かす可能性が高いと言われています。

キャンディー類
人工着色料が多く使われています。
口の中に長い時間残るもの。その分、歯との接触も多くなるので注意しましょう。

ケチャップ
ステインの原因になりやすい調味料の1つです。

ソース
黒っぽいソースは色素そのものもステインに結びつきやすいですが、
成分として含まれている保存料も天敵です。

醤油
大豆のイソフラボンはポリフェノールの一種なので、色素沈着しやすいというわけです。

納豆、豆腐など大豆製品
大豆にはイソフラボンが多く含まれていますから
たとえ真っ白な豆腐であっても油断はできません。

20.炭酸飲料
酸性度は高め(pH2.8)。
炭酸ジュースはもちろん、炭酸入りのアルコールも同様です。

対策
食べ終わった後は必ず歯磨きをするクセをつけましょう。
歯ブラシがなければ、水で口の中をゆすぐだけでも構いません。

歯をキレイに保つためにも、小さな努力の積み重ねが必要です。

ブログ画像